ミノキシジルタブレットは病院で処方をしてくれるのか?

飲むタイプの発毛薬

飲むタイプの発毛薬 | リスクのある薬

ミノキシジルタブレットは飲むタイプの発毛薬です。
ミノキシジルの使用方法としては外用薬として頭皮に塗布をするのが一般的ですが、塗布する場合ですと効き目が出にくいことがあります。
その点、タブレットタイプは体内で吸収されますので毛根にも作用しやすく、発毛効果も高いとされているのです。
ですから発毛剤では薄毛の改善がされなかった場合でもミノキシジルタブレットを飲むことで発毛ができる可能性があります。
非常に高い効果があり実際に効果を実感されている方も多い薬ですが、ただし病院では処方はしてくれないことが多いのです。
中には処方をしてくれる病院もあるものの数としては多くありません。
ですから基本的に外用薬として出してもらうのが一般的であり、タブレットタイプですと拒否されてしまうことがあるのです。
なぜ処方をしてくれないのかと言えば、それは副作用が強く出る恐れがありリスクが高いからに他なりません。
副作用は外用薬として使用する際にも発生する可能性はあるものの、しかしながら塗布をする場合ですと基本的には頭皮だけへの影響しか及ぼさない為に重い副作用に繋がってしまうことは少ないのです。
もし副作用が出た場合でも頭皮のかゆみやかぶれといった軽微のものが多く、健康上の負担になることは殆どないとされています。