ミノキシジルタブレットは病院で処方をしてくれるのか?

リスクのある薬

ところがミノキシジルタブレットは服用をして利用するものですから全身に成分が作用してしまい、外用薬以上の副作用が出てしまうことがあるのです。
時には心臓の痛みや強い動悸、血圧の低下などが起こり得る可能性があり、場合によっては生命の問題に関わってくることもあります。
こうしたリスクのある薬ですので病院では扱っていないところもありますし、処方をしてもらうことができないのです。
しかしながら病院によっては出してもらうことができますので、希望するようなら取り扱いがあるところを探し出して相談をするのも良いかもしれません。
もし病院が近くになかったりするようなら海外から輸入をして入手するのもひとつの選択肢です。
これは所謂個人輸入という方法ですが、ミノキシジルタブレットは輸入をして入手することもできます。
その際、医師によって処方箋を出してもらう必要はなく、つまり病院に相談をすることもせずに手に入れられます。
ですから入手までのハードルも低く輸入をして手に入れているユーザーも多いのです。
ただし、前述したように副作用のリスクがある為、安易に使用することに注意が必要なことを度外視してはいけないと言えるでしょう。

飲むタイプの発毛薬 | リスクのある薬

ミノキシジルタブレット | 富士クリニック